アドバンスページへ 米国アドバンスド・モーションコントロール社のサーボアンプは小型・高出力が特徴です。タバコ2箱を並べた大きさで最大2000Wの出力が得られるもの、また表面実装タイプではタバコの箱よりひとまわり大きいサイズで最大800Wの出力が可能なサーボアンプもあります。
国内では過去にソーラーカーレースでの採用もありました。
省スペース、高出力は機器の小型化に貢献しますので、ぜひご検討ください。
アドバンスド・モーションコントロール社とは

 アドバンスド・モーションコントロール社は1987年に高出力、低価格のサーボドライブを設計・製造するために米国で設立されました。同社は、ブラシレスDCサーボモータに最適なモーションコントロールドライブの提供に力を注いでいます。


アドバンスサーボアンプの適用分野

 1.モバイルロボット

 自動搬送車をはじめ、介護や清掃およびセキュリティなどのサービスロボット、深海探査ロボット、パイプメンテナンスロボットのドライブホイールや牽引力、ステアリングなどのモータ制御に使われています。このほかにも搭載するカメラのコントロールでも使われています。

 2.代替エネルギー源
 太陽光発電や風力など1日で変動するエネルギーを再生型燃料電池を通して貯蔵し平均化させる開発がされています。この燃料電池内の流体を制御するポンプのサーボドライブとして使われています。

 3.エンターテイメント
 テーマパークや博物館、映画など、恐竜や動物などを動かす軸のアクチュエータなどに使われています。このほか映画などで使われるカメラのコントロールにも使われています。

 4.医療装置
 CTやMRIなどで患者を移動させるベッドの動作や人工呼吸器に使われています。

 5.自動化・省力化装置
 工場の自動化を解決するためのマシンの各所に使われます。

 6.電気自動車
 電気自動車、その他電動車のモータコントローラを開発しています。

サーボコントローラのラインナップ(抜粋)

 基板組込型
型番
詳細
仕  様 モータ 電圧(V) 電流(A)
ブラシ ブラシレス DC ピーク 連続
AZ アナログ × 10-80 6-40 3-20
AZB アナログ × 10-80 6-40 3-20
AZX アナログ(MIL規格準拠) 10-80 8-15 4-7.5
DZR DigiFlex+RS425/232 10-80 12-40 6-20
DZC DigiFlex+CANopen 10-80 12-40 6-20
DZX DigiFlex拡張 10-80 8-15 4-7.5

 パネルマウント型
型番
詳細
仕  様 モータ 電圧(V) 電流(A)
ブラシ ブラシレス AC DC ピーク 連続
無印 アナログ × 120 20-400 12-120 6-60
B,B* アナログ 120-230 20-400 15-100 7.5-50
S,SX 三相正弦波入力 120-230 20-400 16-100 8-50
DPR DigiFlex+RS425/232 230-460 20-800 15-100 7.5-50
DPC DigiFlex+CANopen 230-460 20-800 15-100 7.5-50
DPQ DigiFlex+SynqNet 230-460 20-800 15-100 7.5-50

アドバンス公式サイト
当社は米国アドバンスド・モーションコントロール社の日本国内代理店です
 

> 公式サイトはこちら

ロボット分野の利用
米国のロボット分野でのアドバンス・サーボアンプの利用例
 
> 詳細はこちら

電気自動車での利用
アドバンス社が電気自動車用モータコントローラを開発
 
> 詳細はこちら
株式会社工苑
〒213-0004 川崎市高津区諏訪1-11-1     TEL:044-811-3421 FAX:044-811-2238
E-mail:info@koenn.co.jp