工苑製品 

 KPA2
 電磁比例弁アンプ

 KPA3
 電磁比例弁アンプ

 KSAM
 サーボ弁アンプ


取扱製品

 Galil
 モーションコントローラ

 Nanomotion
 超音波モータ

 Advanced
 サーボアンプ

 PITTMAN
 DCサーボモータ


設計・製作

 デジタル油圧サーボ
 工苑の得意技

 油圧装置設計製作
 協力会社と連携してオー
 ダーメードで製作

 モーションコントロール
 油圧以外の多軸、サー
 ボ制御も設計製作


豆 知 識:Nozzle-Flapper型サーボ弁と直動型サーボ弁 (2008-6-3)  

 一般的にNozzle-Flapper型サーボ弁はゴミに弱く、直動型サーボ弁はより強いといわれています。
 本当でしょうか?

 直動型サーボ弁の設計コンセプトは大きく分けて2種類あると思います。

 その1
 デリケートなNozzle-Flapperにゴミを詰まらせたいようにSpoolを直接マグネットで駆動する。
 近年、強力なマグネットが開発され、Spoolの駆動力はかなり大きくなっています。
 故に、N-F型よりかなり耐ゴミ性は高いといえるでしょう。

 その2
 サーボ弁に求められる周波数特性が500〜1000Hzになると、Nozzleからの流量が飽和してしまいNozzle-Flapper型サーボ弁では対応できません。
 そこで、可動線輪型などのフォースモータを使用した直動型サーボ弁になります。
 このサーボ弁はSpoolのストロークも極端に短く、ゴミにはとてもデリケートです。

 近年では、その1とその2の中間的な直動型サーボ弁が市場に出回っているようです。

(かなた)

 >よろしかったら、当社油圧制御のページもご覧ください


株式会社工苑
〒213-0004 川崎市高津区諏訪1-11-1     TEL:044-811-3421 FAX:044-811-2238
E-mail:info@koenn.co.jp