米国ガリル社のモーションコントローラを用いた当社が得意とする油圧制御でご提案できる制御のひとつに、6軸モーションコントロールベースがあります。
 ガイル社公開の動画を元にガリル製品の一例をご紹介します。
6軸モーションコントロールのシミュレータ

 ガリル社は米国で各種シミュレーターを製造しているSarnicola Simulation Systems社(以下、SSS社)のコントローラにも採用されています。

 左の写真はSSS社のHIXAD-3000Eという機種でアクチュエータは電動です。HIXADシリーズは6自由度で、3000E以外は油圧で動きます。
 
 制御しているガリル・モーションコントローラはDMC-4060の6軸イーサネットコントローラです。

 HIXADシリーズ以外にTRIADシリーズという3軸油圧モーションベースもあります。こちらは3自由度ですべて油圧で制御。

制御しているガリル・モーションコントローラはDMC-4030の3軸イーサネットコントローラです。

 このSSS社は航空機トレーニングやスリルライドなどのシミュレータを製造しています。ガリル・モーションコントローラは、X,Y,Zを高精度に制御してヨー、ピッチ、ロールを実現しています。

 これらのシミュレータは航空機パイロットやトラック運転手、高層建築用クレーンの訓練や米国のディズニーランドやユニバーサルスタジオのアトラクションとして使われています。このほかにも軍事、各種試験、研究からエンターテイメントまで多岐に及びます。

 通常のxyzのテーブルと違いパラレルリンク機構ですので、縦・横・上下以外にひねりも入れられるのがポイントです。

 下の動画はガリル・モーションコントローラで制御されたHIXAD-3000Hです。
 鉱山のトロッコに乗ってトンネル内を猛烈なスピードで走り抜けることをシミュレートしています。動画中のPCのモニタの動きとモーションベースの動き(テーブルは手前がトロッコで言うと前になります)を比べてください。



 実際は油圧モーションベースの上に8から10人の座席を設けて体感するとのことです。
 
 もちろん日本国内でもシミュレータは作られており、航空機やその他乗り物のほか、アミューズメントでも使われています。6軸モーションの制御は複雑な方程式を使いますが、ガリル・モーションコントローラはそのような制御でもコストパフォーマンスに優れているコントローラです。

 当社では6軸モーションベースを使った地震体感装置や実験・試験装置なども製作可能です。

お問い合わせは…
フォーム  メール  044−811−3421
デジタル油圧制御
開発期間の短縮とコスト低減を協力にサポート

> 詳細はこちら

ガリルとは
パソコンとの親和性も高いモーションコントローラ

> 詳細はこちら

ガリルの採用分野
国内でも産業用とで1万台以上の採用実績

> 詳細はこちら


株式会社工苑
〒213-0004 川崎市高津区諏訪1-11-1     TEL:044-811-3421 FAX:044-811-2238
E-mail:info@koenn.co.jp