株式会社 工苑

サーボ弁アンプ

油圧用サーボ弁アンプ KSVA series

工苑の油圧用サーボ弁アンプは、
各社ノズルフラッパ型やボイスコイル型に対応。

標準価格:145,000円(税別)
価格は数量や条件などでご相談に応じます。

主な仕様

電 源 DC24V±10% 電流 0.3A  
入力信号
SIG,FB1,FB2 共通
±10V   電圧入力インピーダンス100kΩ
4~20mA  電流入力インピーダンス249Ω
 
出力定格 ±100mA 以下 内部ディップスイッチで選択
または±10V
電流は5,10,15,20,30,40,50,60,70,80,90,100mA が選択可能
 
周囲温度、湿度 0~+50℃、90%RH 以下 結露なきこと
ディザー信号
 周波数調整範囲
 レベル調整範囲

200Hz サイン波
調整範囲は定格出力電流の20%p-p 以内
 
外形寸法 42W✕184H✕102D(mm) コネクタによる突起部含まず
質量 0.65kg  

型式

KSVA-□□□
※□□□にはモデル番号(標準品は、001)

ブロック図

ブロック図

パネル面説明

パネル面説明

○ATT1 トリマ
SIG 入力信号レベルの調整用、3回転トリマ
調整範囲:SIG 信号の0-100%
○ATT2 トリマ
FB1 入力信号レベルの調整用、1回転トリマ
調整範囲:入力信号の0-100%
○ATT3 トリマ
FB2 入力信号レベルの調整用、1回転トリマ
調整範囲:入力信号の0-100%
○NULL トリマ
入力信号のオフセット調整用、1回転トリマ
調整範囲:入力電圧換算で±1V
○GAIN1 トリマ
プリアンプゲイン調整、1回転トリマ
調整範囲:増幅度1-10倍
(GAIN2と組み合わせで最大100倍)
○GAIN2 トリマ
プリアンプゲイン調整、1回転トリマ
調整範囲:増幅度1-10 倍
(GAIN1と組み合わせで最大100倍)
○P トリマ
比例ゲイン調整、1回転トリマ
調整範囲:0-100%
○I トリマ
積分ゲイン調整、1回転トリマ
調整範囲:0-100%(通過ゲイン1 倍:10Hz)
○D トリマ
微分ゲイン調整、1回転トリマ
調整範囲:0-100%(通過ゲイン1 倍:1Hz)
○DITH トリマ
ディザレベル調整用の1回転トリマ
調整範囲:最大出力電流の20%p-p以内
※出荷時はディザレベル0(トリマ左いっぱい)です。
○MA1 トリマ
出力電流オフセット調整、1回転トリマ
調整範囲:最大出力電流の±4%
○I-OFF LED(緑)
I-OFF の+と-の端子が短絡すると、
積分回路がオフになりLED(緑)が点灯します。
○POWER LED(橙)
電源通電時にLED(橙)が点灯します。
○MON+/MON-端子
モニタ用端子。
テスター棒を差し込むとテスターなどで
出力電流の現在値を電圧として
モニタリングできます(±10V/FS)。

端子コネクタ説明

差込プラグ(付属品)
PHOENIX CONTACT 社製プラグ FK-MCP 1,5/16-ST-3,5 - 1940046
端子棒は付属しません。
適応電線
適合線サイズ
単 線: 0.2-1.5 mm2
より線: 0.2-1.5 mm2
棒端子: 0.25-0.75 mm2
AWG : 24-16
推奨むき線長さ:10 mm
端子名称 機 能
SIG 指令入力
COM コモン
FB1 FB1 入力(ポジティブFB)
COM コモン
FB2 FB2 入力(ネガティブFB)
COM コモン
FG 筐体アース
SV+ 出力+
SV- 出力-
I-OFF+ 積分オフ端子+
I-OFF- 積分オフ端子-
+10V +10V 外部出力(10mA 以下)
COM コモン
+10V +10V 外部出力(10mA 以下)
+24V 電源+
0V 電源-

結線方法

KSVA に供給する電圧はDC24V で、電流値は1 台当り0.3A(サーボ弁の定格電流100mA として)です。
電源は+24V と0V の端子に接続してください。

システム結線の例

コントローラからの指令信号(電圧または電流)はKSVAのSIG/COM 端子に結線してください。
センサなどからのフィードバック信号はFB2/COM 端子に結線してください。FB2 は一般的なネガティブフィードバック用です。
FB1 はポジティブフィードバック用なので、フィードバック間で差動制御する時などに使用してください。
サーボ弁とはSV+/SV-端子に結線してください。その際にサーボ弁の極性とアクチュエータの動きが正しいことを確認してください。
KSVA の積分機能を使用している時、その積分機能を一時的にOFF にする場合は、I-OFF+/I-OFF-をショートすることで積分機能を停止することができます。

サーボ弁動作テストの接続例

事前にアクチュエータの動きを確認したい、などでサーボ弁単体で動作させたい場合は、KSVA の外部電圧出力(±10V)と可変抵抗器をつなげてSIG端子に指令信号として送れば簡易的なサーボ弁を作動できます。

PAGE TOP